FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
20091129234936
明日から劇場…、
つか、ギャラリーLE DECOへ参ります。

多分、3、4年振り。
まぁ、そうは言っても、
4Fは初めてなので楽しみす。

とりあえず、
写真な感じで、
ワイワイしながら
仕上げましたよ!

そして、
そして、
明後日から本番なんですよ!

不思議な会話劇になってます。
濃密な空間に!
どぞどぞいらして下され!

下記、アドレスから予約できます。
便利ですね~。
URL:http://ticket.corich.jp/apply/15511/015/

劇場で、僕と握手!

スポンサーサイト




もうちょっと一生懸命書くつもりだったんですが、
なかなか、ね、忙しいとね。
オホホホホホホ。

おはこんばんちわ、服部です。

さて、稽古も佳境に入っております。
DART'S #001「In The PLAYROOM」

だーつっつ

来週には本番であるという事に、戦々恐々おきょうさん!って訳ですが、
まぁ、楽しみにしていただいて問題ないかと。

どうもね、やってる方は異常に疲れるらしく、
家に帰ると、ほぼ、半分寝てますね。
頭がパンクしてるのが分かる。

ハイバネとは違う頭の使い方をしておりますが、
それはそれで楽しい。
ハイバネだと、終わったあとに、しばらく悪魔の様な目をしていますが。
まぁ、それはそれだネッ!

ちょっと、稽古場風景とかUPしたいので、
どっかでなんか写真とかはりまーす。

オタノシミニー!!

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


おはこんばんちわ。
本日2度目。
っていうか、書き忘れ。

歯がね、痛かったんですわ。
歯磨きをしたりすると沁みたり、甘いものがなんだか沁みたり。
そして、僕はどうも歯磨きが苦手らしく、
昔っから虫歯が多かったので、

こりゃ完全に虫歯の宝石箱や!

と彦麻呂ばりの驚き加減で、歯医者に向かったわけです。

新宿ルミネの上、ちょっとオサレな歯医者に初めて行ってみてですね、
診てもらってですね、
まぁ、ものの2,3分で

知覚過敏ですね

















ガッカリ2
はぁ~ははぁ~!?

ちょっと、え?知覚過敏て、え?
あの、歯茎が上がっちゃって、神経に触るっていてー、みてーの?
それって、えー・・・。

なんだか、いろんな意味で、ショックでした。
しかも、レントゲンまで取ってもらったら、
4000円したし。

さすがだぜ、歯医者。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


今回の舞台はONLY役者。
あ、おはこんばんちわ、服部です。

今年の6月に
G◎LDEN BALL CRUSHさんに客演させていただいた時も
もちろんONLY役者なので、別に久しぶりという訳でもないんだけど。
とはいえ、あの時は、正味2,30分の出番。
それもお話が1時間くらい経過してからの出番だったので、
それはそれで、なかなかに難しい調整だったのですが。

今回はほぼ出ずっぱり。
会話劇ですけども。
Ele-C@さんに出演した時以来のルデコ。

まぁ、芝居についてだけ考えていれば良い状況というのは結構気が楽。
無責任になれる訳で。
当然ながら、作・演出をしている時とは違う状況で、
どっちも面白いんだわ。これは、種類が違うんでね。

とはいえ、普段、演出をしている中で、
稽古場の居方みたいな部分で、
自分が好きな役者側で居るようには気をつけております。

気持ち悪さ絶好調で、
チャレンジ&チャレンジでやらないと。
いかんのだよ。


テンション上げ上げでいかないとね。
むしろ、共演者陣には積極的に迷惑をかけていく感じで、
とりあえず、遊ばないと損ではないか。

自由に自由に。


でも、寒いとなー。
体ちぢこまるからなー。
嫌だよねー。寒いのねー。
本当、冬将軍の大名行列の
先頭あたりが来てんだろうなと思うと、
イライライライラボンバーイエーですよねー。


あら、きれいな斜め♪

テーマ:演劇 - ジャンル:サブカル


イタリアのサッカーチーム、
ACミランがすきなんですけどね。

朝起きて、スポーツニュースで勝ったとか聞くと、
寝ぼけながらガッツポーズしちゃうんですけどね。

今ウイニングイレブン2010のマスターリーグはもちろん
ACミラン。

1年でカカをレアルから取り戻しました。
僕のウイイレの中の世界では、
きっと、世界中が、あの移籍騒動はなんだったんだって話題で持ちきりなはずです。

おかえり、カカ。

わかる人だけ、微妙ににやけてくれれば良いブログでした。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


どうも、服部です。
おはこんばんちわ。

僕に、眞鍋かをり先生なみのブログ影響力があれば、
今頃は、おはこんばんちわ、がブログの挨拶になってるはずですが、
まぁ、それは置いておこう。

めっきり写真とか載せないブログです。
ネタの扱いですからねー。

いけないよねー。
という訳で、稽古しております。

DART'Sさん。
あ、正式な情報がもろもろ出ておりますので、
とっくに出てたんだけど、
近いうちに、すぐに、更新かけまーす。

まぁ、なんだか、ひさーしぶりに、
こんなポジションやってたりしておりますが、
あんまり詳しく書けないのは当然なんですよね。
おほほほほほほ。

という訳で、稽古場風景が公式サイト(ブログ)にUPされてたので、
転載してみました。
勝手に転載。
おほほほはほほ。

先輩と後輩の愉快な。

あぁ、馬鹿ですねー。
クニシーゲ先輩と俺。
赤くない狐と緑の狸。
部屋とYシャツと俺。
あ、この場合、部屋とYシャツ=クニシーゲ先輩ですね。

こんな稽古場だぁね。
あ、台本の写真とか載ってるね。
ズームUPして見てみたら良い。
大体字がもう読めないから!

まぁ、これが稽古風景をパチリなのか、
たんなるおふざけをパチリなのか。
そこが大いなる疑問ですが、
それは舞台を観に来ていただいて。って訳で。

がんばってマース。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


おはこんばんちわ。服部です。
今日は雑記。っつーか、覚書っつーか。
まじめな話なので。どうでも良い人はどうでもよく、読んでください。


お祭り騒ぎの仕掛け。
まぁ、言い換えると暴走というか、悪ノリというか。
どうも、最近、その事ばかりが頭をかすめております。

要するに、
舞台上はお祭り騒ぎになっていたい訳です。
あ、もちろん、うちの舞台ですけど。

他の劇団・プロデュース、まぁ、色々ありますが、
とにかく舞台には様々な形があり、
演出家の意図しか見えなかったり、
役者のレベルが低かったり、高かったり、
たった一人の役者の異常なテンションに救われたり、
本に圧倒されたり、途中で帰りたくなったりする訳で、
全ての舞台に、それぞれの答えが必ずあると。

簡単に言えば、舞台上に現出させたい姿、
こういう舞台にしたいという欲望があるというか。
まぁ、そういう事です。

台本上で、どこまでその意図を現すか。
まぁ、せっかく、僕は作・演出と両方やれているので、
作家の意図、演出家の意図というものに気を使わなくていいわけです。

「やりたい事をやれる」
その状況にあるわけです。

どうも、考えると、今まではその状況を、
軽んじていたというか、向き合い方を間違えていたんじゃないか。
間違えていたんじゃないにしろ、
別の向き合い方があるんじゃないかという話です。

ハイバネとして、七回公演をやってきた訳ですが、
それは、経験であって、方程式ではないという事。
というか、「まだ方程式にしなくて良いんじゃないの?」
という思いが強くなってきておる次第。

まぁ、だから、次なのですよ。
進退含めて覚悟を持って、命を掛けてやりたい。

全身全霊を掛けて生きたいわけです。
そんな舞台に参加したいかた、大募集中です。

イメージが湧き上がる舞台を作りたい。
ただ、ひたすらに、面白い舞台を作りたい。
まぁ、それだけなんですけども。






あ、DART'S稽古やってます。
役者としても、もちろん、がんばってますww

楽しみにおいでませ。
座席数も少ないんでね。

面白い事がしたい!以上!

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


買うんだけどね。
ウイイレ。
楽しみなんだけどね。
ウイイレ。

まぁ、そんな中で稽古が始まりました。
客演させていただきます。
ハイバネの第六回に出演して頂いた
島田雅之先生が所属してる団体「DART'S」です。

稽古はまだ一回。始まったばかりですが、
なんだか、楽しい訳ですね。
空気というか。
頑張りたいと思う次第。
なので、頑張ります。

でも、第一回目の稽古の記憶が飲んだ事しかないので、
戦々恐々としております。
あははは。

まぁ、余計なことは考えず、ただひたすらに楽しんでこようと思います。

あ、6-1だって。
日ハム…。おぉーそうですか。森本、そこでスクイズですか。
ぬぅ。
今日は厳しいのかなぁ。
頑張ってくれ、頑張って優勝してくれれば良いのです。

ミランも、レアルと引き分けてるし。
あー。スポーツが楽しい。

----------------------------------------------------
DART'S #001
「In The PLAYROOM」

—私の小説の登場人物になりませんか?
この、「ストーリー」から、逃げることは、許されない—

2009.12.01(Tue)-06(Sun)
@Gallery LE DECO 4(渋谷駅新南口より徒歩1分)

脚本・演出    広瀬 格(DART'S/Smokers)
プロデューサー  池田智哉(feblabo)

TIMETABLE
開演時間
2009年12月
1(火) 20:00●
2(水) 15:00●/20:00
3(木) 20:00
4(金) 15:00●/20:00
5(土) 14:00/19:00
6(日) 14:00

※受付開始・開場は開演の20分前。

TICKET (1ドリンク付き)
前売/当日 2500円
初日/平日昼(●の回)2000円

チケット発売日:11月14日(土)10:00~

Cast
島田雅之(DART'S/ダブルスチール)
池田智哉(DART'S/劇団ギリギリエリンギ)

長谷川太郎(少年社中/森の太郎)
鈴木麻美(北京蝶々)
服部紘二(ハイバネカナタ)
國重直也
川田希

...and more

WEB:
http://blog.livedoor.jp/dart_s/

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


ども、服部です。

なんか、昨日のブログの支離滅裂ぶりが、
だめな感じですが、
総じて、僕は、がんばって生きてます。
ご安心を。

・・・ん?
あぁ、ダメの否定の仕方が頑張って生きてますってのも、
頭のおかしい感じがするぞ。


「ダメ、絶対」
「がんばって生きてる、絶対」

「ダメ、絶対」
「イイ、絶対」


あぁ、そうだよね。
同考えても「ダメ⇔イイ」だよね。

じゃぁ、最初の文章も
(×)「総じて、僕は、がんばって生きてます。」

(○)「総じて、僕は、イイです。」


これはこれでどうなんだ。
まぁ、イイんでしょう。

昨日は週末を、一日何するでもなく、過ごしておりました。
僕としては珍しい方です。
芝居が終わった直後から、次の舞台の事を考えたり、
台本をなぜか書き始めたりする人間な私であります。

が、昨日は本当に、何にもしてませんでした。
してた事といえば、ゲームやったり、本読んだり。

そういえば、我らがACミランがパルマ戦に2-0で勝ち、
ガウショが大活躍だってんで、youtube様で見たりしてました。
あ、ガウショってロナウジーニョのあだ名です。
マジ、最高。このまま好調を維持して欲しい。

で、イタリアの放送の映像らしく、実況がイタリア語なんだが、
なんだか観客の空気をかもし出しており、日本との違いをすごく感じました。
日本はどこか、実況をしなければいけない感じがありますが、
イタリア人の実況は、完全に感想を言いまくってる。

言葉はわからないので、そんな感じがする。
シュートをはずせば、オウ!
シュートが入れば、オウ!
ファウルがあれば、オウ!

イタリアめ。
自由な感じがするぜ。

ミラノダービーを見に行きたい服部です。

さて、次回作の構想や、どういう舞台になるのか、
実はイメージが固まりつつある状況です。
ですが、もろもろの事情で変わるかもね、なんちって。

予定は未定です。

もっともっと、頭を支離滅裂にして、
舞台を構成していきたい。

なので、きっと、今後もたまに支離滅裂ブログがやってきそう。
まぁ、頭が混乱しまくってるんだな、垂れ流しだな、
とでも思ってチョーよ。


あぁ、なんにせよ、面白い事がしたい。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


先日、連続して、小説を書いてみましたが、
何とか年内に終わらせたいかなと思ったり思わなかったり。
まぁ、当面の目標でやっていきたいと思っております。

もう少ししたら、発表できることもあるので、
それは、まだ。
まぁ、お楽しみにってね。

さて、今年も残り二か月ですが、いろいろとありました。
まだ、振り返るには大分早いので、とりあえず、
ウイイレ2010を買って世界からふけようかと思ってます。
はい、ダメにんげーん。

あははははぃ。


とはいえ、芝居が終わって、
いろいろ考える事もあり、頭が禿げそうですが、
それでも世界は回っていく訳です。
伊坂幸太郎氏に言わせれば「陽気なギャングが地球を回す」ってなもんです。
映画も見たかったけど見れず、、本もまだ読んでませんが、
村上春樹氏の「1Q84」を読み終わったら、読む予定でありんす。

あ、伊坂幸太郎氏の「終末のフール」は読みました。
某音響大先生の勧めもあり。
まさにアンバランス。
そこには、確実にアンバランスな世界があり、一つ、美しい世界の構築がなされてました。
なるほど、面白い本は、やはり問答無用に面白いのです。

で、買っていながらにして、読めていなかった「1Q84」を今更ながら読み始めました。
うん、いやぁ、良いですわ。
まだ読み切ってないですが、はたしてどうなっていくのか、楽しみでありんす。


やはり、面白い物には、ノッケから面白い空気がある。


はたして、僕の台本にその空気があるのか。
世界の小劇場の台本にその空気があるのか。
いや、劇作家はその空気をまとえるように、命をかけて台本を書く作業をしているのか。

自問自答が尽きない。
答えはどこにもないし、どこにでもあるのかもしれない。


僕の頭の世界は、無限なのか。
それとも、小さな箱でしかないのか。

常に、その疑問に対して、イライラを抱えながら、
作劇作業をし続けてきた。
そして、これからも。当然の事である。

自問自答が尽きない。


疑問と期待と確信と不安と。
すべてにいい顔は出来ない。
だが、全てが良い顔をして近寄ってくる。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 ツキイチアワード!, All rights reserved.