FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
おはこんばんちわ。
奇跡待ち中の服部です。

さて、僕の台本でいつも書くのに困る世界観のシーンにやってきました。
完全にイメージの世界に、理路整然とカオスを作る作業はいつも頭が沸騰しますネ。
沸騰してる世界を書きたいので、それで良いんだけどさ。
まぁ、そんな言葉を使っても、意味分からないんでしょうけど。

曲の力を借りるにしても、
曲もピタッてものがまだ無い。
稽古も始まっちゃいないのに、選曲したってアレなのにねぇ。

まぁ、いつもの事なので、何も困ってはいませんが、ちょっと焦ってはいます。
うふふ。
でも、この峠を越えれば、後は頂上まで一本道のはず。
カーニバルですよ。カーニバル。

あー、たのし。

スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


本当に一言。思いつきすぎて、忘れる気がするので。
書いとけば、いつか実現してやろうと思うだろうと。

「短編小説をあと4、5本書き上げられたら、
作品中の出演陣で小説書いてみたいなぁ。」


スターシステムですよ。
手塚先生ばりの。
じゃ、また。

あ、でも、これよくよく考えたら、芝居でも出来ないか考えてたんだったー。
だったら、探偵の名前を明かしておけばよかったか!?

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


おはこんばんちわ、服部です。
なんだか嫌な天気ですね。まぁ、そうです。
梅雨ですから。おつゆですからね。
こういう時期はこういう天気を楽しまないと。

でもさー、
雨とかさー。かさとかさー。
なんだかねー。気分までジメジメッとしてくるじゃない?
笑ってたい訳です。
ヒーハー!と。

ヒーハー!!

どうですか、無駄ですねー。


さて、少しずつ、次回ハイバネの詳細が明らかになっております。
頑張っております。
台本書き上げまして、書き直してまして、みたいな。
ブラッシュアップどころか、みたいな。
おかげで、頭が豆腐です。
白髪も増える一方ですね。

ちなみに、台本などを書くと、なぜか左側頭部の白髪が増えます。
先日、髪の毛がブラックジャックみたいな色の配分になる夢を見ました。
ブラックジャック not俺

良いですか。
アレはね、爆発事故の恐怖心でですからね!
え、じゃぁ、何ですか?
爆発事故の恐怖心と台本の書き直しが僕の中でイコールなんですか?
爆発事故の恐怖心とか言われても、あたしゃね!知りませんよ!

あ、そういえば、昔、ブラックジャックみたいな絵画修復家の話を書いたなぁ。
アレも書き直して、再演したいもんです。

相変わらず、
自分が何者で、自分が何を出来る人間かなんて、
まるで一っつも分かりませんが、
分からないなりに、自分が面白いと思うことを全うしたい。

ブラックジャックのように、信念を持って。
確信を持つ事。精度の高い確信を。

舞台上で死ぬのは本望だとかなんとか言いますけど、
舞台上で死んでも良い作品と、そうでない作品がある訳で、
「死んでも良い」作品を作りましょうと。
そう言っている訳です。

水曜どうでしょうばっかり見ている場合じゃないんです。
水曜どうでしょうみたいな番組がやりたいんです。
沖縄に行きたいんです。
舞台が終わったら、行こうかしら。

富士山も登りたいなぁ。
あー、どっか行きたいんだなー、おれ。

どうだろう、行きませんかね。
OKINAWA

仲間一杯で旅行なんて、学生以来やってないなー。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


おはこんばんちわ。服部です。
無事、書きあげる事が出来ました。
一人称小説「探偵という名の物語」ですね。

本当にありがとうございました。
行き当たりばったりで、書き始めて、途中休んでしまったり、
おかげで多分2,3年かかってると思いますが。
(確認したら、2007年11月23日が第一回でした)

意外と書き終えるもんだなぁと思っております。
まぁ、ラストまでの流れは、書き始めた時はぼんやり思っていましたが、
途中色んな設定が加わったり、
季節がいつだか忘れたり、
そもそも何年の話なのか忘れたり。
読み返し読み返し、ぬるぬるっと書いたのは良い思い出です。

たしか2009年の話になったんじゃなかったっけ、とちゅうでw

「ブログで小説を書いてみる。」
なんていう作家生命をどうかんがえても縮ませる行動に出たは良いものの、
小説初挑戦が無事終わって良かったよ。本当に。

楽しんでもらえたのなら幸いですが、
楽しみに待っていた方々もあれでしょ。
途中、どんな話だっけ、みたいな。

そもそも、短編のつもりだから、
15回いかず終わりたいと思ってたら、25回ですよ。
あれよあれよと。

さすがですね。
計画性の無さは完璧です。

まぁ、書籍になる小説は別として、
ブログですからね。
読みやすさだとか、行間を意識したりとか。
セリフだけの回をやってみたり、一言で終わらせてみたり。
まー、アレですよ。
編集者がいないってのはね、
自由奔放に書いて良いって事ですから。

芝居だってそうでしょうよ。

なんでもかんでも良いんです。
面白ければね。

主人公の仕事も何やってんだかだし、
どこ住んでんのか。
そもそも、名前は何なのよ!と。
まー、良いじゃないか。

アレでしょ。
ミステリアスな方がモテるんでしょ。
モテたいじゃない、この探偵さんだって。
結局、アレですよ。
男にもてて残念だったねって話ですよ。

さー、また月間ネタ考えないとなーww

なので、ちょっと月間ネタ休憩です。
予約投稿なので、
ブログ更新しない!って言ったって、
これすげー、俺元気っぽいよね。きっと。
素敵です。

じゃ、まったねー!

げんきッ!

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学


「アレは、香坂淑恵として居たかった。
頭の中で時間と共に変化したアレは
淑恵とは違う人間になってしまいかねない。
それを、あいつは、分かっていたのかも知れませんね。」

俺は、もう、なんと言ったら良いのか分からなかった。
奥様の意図を正確に理解する事など、不可能だ。
それでも、二人はおそらく、優しい人間なのだ。
俺のような冷めた人間ではなく。

重苦しい沈黙が訪れた。
香坂は下を見つめ、おそらく奥様と会話をし、
俺自身は、なぜだか、自分が心のある部分を
疎かにしていたんじゃないかと考えてしまっていた。

その考えを振り払うように、何とか口を開いた。

「でも、あれですよ。
僕は、たぶん今日の話、忘れられませんよ。」
「探偵さん。」
「不思議な体験でしたけど、それはそれで、
なかなか出来るものじゃないですから。」

事実、そう思っていた。

「始まりは不思議でしたけどね。」
「すいません。」

ニヤッと笑って、もう一度言うと、香坂は恐縮した様に謝った。

「ま、これで納得がいきました。
私が探偵だなんて一度も思ってないですよね。」
「はい。」
「でも、奥様の話が出来て良かったですか?」
「えぇ。それは、はい。」
「それなら、それで良いか。」
「え?」
「車を買うくらいなんだ、まだまだ元気ですよ。
また友達を作って、そんな素敵な話を
聞かせてあげれば良いじゃないですか。赤の他人にではなく。」
「…そうですね。」

カップに残っていた少しのコーヒーを一気に飲み干し、
テーブルに置くと、俺は立ち上がった。

「うん、それでは。」

「え?」
香坂は突然の俺の行動に驚いたようだ。

「探偵は、調査に納得したら、すばやく姿を消す。そういうものでしょ?」
「あぁ。」
「それに、急がないと、洗濯物終りませんから。」

俺は席を立ち、出口に向かった。
気付けば、大分時間が経ってしまっていた。
帰ったところで、洗濯物をする気になるだろうか。
金を置かずに出てきてしまったが、
それ位は良いだろう。


果たして。と考えた。
自分だったら、憶えていて欲しいと思うだろうか。
それとも、奥様のように忘れてほしいと思うだろうか。

だが、忘れなければ、思い出に縛る事にもなるだろう。
人間なのだ、忘れることなど不可能だ、それでも。
それでも、忘れて貰えれば、思い出に縛られなければ、
例え残りの人生が短くても、先に進む事が出来るはずだ。

そういう事なら、奥様の願いが分からない訳ではなかった。
最愛の人間がもう会う事のかなわない自分に縛られる事は
我慢ならなかったのではないか。
所詮は推測でしかないが、そうだとしたら、ロマンチックだ。

リアリストだと言われていた俺が、ロマンチックを信じようとしている。
我ながら、笑ってしまう。


あ。


そうだ。あの、はた迷惑な男の名前は聞いたが、俺の名前は言って無かった。
俺の名前は…、
まぁ、良い。もう会う事もないだろう。





店を出た先では、人通りが激しい訳ではないが、
ある程度の人数が目の前を行き来していた。
窓越しに、自分達が居た席を見た。
香坂と目線が合った気がして、会釈をしたが、
窓の向こうの男は頭を下げなかった。

特に気にもせず、駅に向かう。
当初の予定は大分狂ったが、とりあえず、家に帰ろう。
ホーム・スウィート・ホームだ。

ふと気になった。
窓越しに見た、香坂の目が
まるでハンターのようだったのだ。
けれど、すぐに気にするのを止めた。

もう会う事もないだろうから。

駅が近づくにつれ、人が増えていく。
相変わらず、新宿は人が多い。


             -了-

〓〓〓【『探偵という名の物語。』 BackNumber】〓〓〓〓〓〓〓〓

第一回   第ニ回   第三回   第四回   第五回
第六回   第七回   第八回   第九回   第十回
第十一回   第十二回   第十三回   第十四回
第十五回   第十六回   第十七回   第十八回
第十九回   第二十回   第二十一回   第二十二回
第二十三回   第二十四回

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学




             「私を忘れて、だったんです。」
















〓〓〓【『探偵という名の物語。』 BackNumber】〓〓〓〓〓〓〓〓

第一回   第ニ回   第三回   第四回   第五回
第六回   第七回   第八回   第九回   第十回
第十一回   第十二回   第十三回   第十四回
第十五回   第十六回   第十七回   第十八回
第十九回   第二十回   第二十一回   第二十二回
第二十三回

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学


予想は、まさかのアルゼンチン優勝。

マラドーナが神の手で、タクトをふるえば!

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


「アレが、淑恵が生きていた証拠は私です。
でも、私だって、もってあと10年程度でしょう。
ましてや、病気で忘れてしまう可能性だってある。
それで…。」

二の句がつげなくなった香坂の言葉を引き取った。

「それで、僕にお二人の、奥様の話を?」
「…申し訳なかったと思っています。」
「僕で良かったというのは、僕があなたの相手をしたから?」
「…その通りです。」
「しかし、話を聞いたからと言って、
僕がこの話をずーっと覚えてるかは分からないじゃないですか。」

香坂はまっこうから対抗した。

「でも、あなたが覚えてる可能性はある。
思い出さないにしても、口にしないにしても、
今日の出来事を頭の中に留めて頂く可能性はある。
それなら、アレを生き長らえさせられる可能性もあるでしょう。」

やはりどうにも、その理論には納得がいかなかった。

「それは、どうでしょう。」
「え?…どうでしょう、とは?」
「本当に忘れた瞬間に人は死ぬんでしょうか?
あなたが人の名前を思い出せなかった時、その人は死ぬんですか?
ましてや記憶など、あやふやです。
美化もされるし、悪化もする。
それは、あなたの頭の中の奥様であって、
本当の奥様では無いでしょう。」

香坂が何かを言おうとしたが、俺はさえぎった。

「覚えてるのは、それは素敵な事です。むしろ忘れてはいけない。
それは僕も、そう思います。しかし・・・。
ははは。年下からこんな事を言うのは、笑ってしまいますが、
しかし、人はいつかは死ぬんです。
それを他人を使って、その存在を知らしめたって、何の意味も無い。
違いますか?」

こんなふざけた状況で、まじめな話をこの禿げた男とするとは
思いもよらなかった。
酒だって一滴も入ってない。
少し、香坂の純粋な思いに感化されたのだろうか。
そんな自分の感覚の変化が少し笑えてしまった。

「・・・探偵さん。」

香坂が気付いたようだ。

「どうして、笑ってるんですか?」
「いや、この状況でこの会話っていうのはねぇ、どうなんですかね。」

香坂の表情は相変わらず強張っていたが、口の端に少し笑みが見えた。

「確かに。おかしな感じですね。」
「えぇ。」

香坂は冷めたコーヒーを初めて手に取り、口に運んだ。
そして、一口飲み、言った。

「…私が間違っていたのかもしれません。
淑恵が望んでいた事は、あなたの言う通りの事です。」
「と、言いますと?」
「あいつが、最期に言った、私が当てられなかった言葉は・・・。」

〓〓〓【『探偵という名の物語。』 BackNumber】〓〓〓〓〓〓〓〓

第一回   第ニ回   第三回   第四回   第五回
第六回   第七回   第八回   第九回   第十回
第十一回   第十二回   第十三回   第十四回
第十五回   第十六回   第十七回   第十八回
第十九回   第二十回   第二十一回   第二十二回

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学


香坂は俺の顔をじっと見た後、慌てて言葉を紡いだ。

「いや、最初は、です。
最初はあなたで無くても良かったのだと思います。
しかし、今では、あなたで無くてはダメです。
あなたで良かった。」

そんなフォローをされるほど、表情に出していたのか。
けれど、理由などどうでも良いと言えば、どうでも良かった。
そもそも自分が探偵だなぞと言われるのも意味が分からなかったのだ。
理由が無くて、逆に良かったではないか。
自分が探偵に見えたから、という訳ではないのだ。

街を歩くたびに何度も何度も、
「あなたは探偵ですね?」
などと声を掛けられたら、たまったものではない。

「私で良かったというのは?」
「・・・申し訳ない。」

香坂は返答をせずに、謝った。
俺は、何も答えず、待った。
香坂が口を開くのと、
グラスの中の氷が音を立てて溶けるのが同時だった。

「私達には子供がおりません。」
「それは聞きました。」
「という事は、つまり、私達の事は、私達で完結してしまうのです。」

どういう事なのか、理解できなかった。

「どういう意味でしょうか。」
「人が、本当の意味で死ぬのは忘れ去られた時。なんですよね?」
「知りません。」

驚いた。
そんな事を聞かれても困る。
確かに、どうも世の中にはそういう話がはびこっている。

だが、俺は。
それは、ただの美談だと思っていた。
人に話せば、
冷たいだの、リアリストだの、夢が無いだの言われるが、
人に覚えてもらっていても、
自分が生きていなければ、それは死んでいるのだと思っていた。

だから、生命活動で生きながらも、
意思無く生きている人間は死んでいると思っていたし、
覚えて貰っていなくても、意思がある人間は生きているのだと考えていた。

人に嫌われようが、好かれようが、
尊敬されようが、足蹴にされようが、
それは、他人の評価でしかなく、自分は自分なのだ。

「私にも分かりません。
それでも、アレを生き長らえさせられるのであれば、
自分は少なくとも覚えている。そのつもりではいます。
ですが・・・」

そこまで言って、香坂は一瞬言葉を止めた。

「ですが、私が死んだ後は?」

香坂の声に、俺は初めて、何か純粋な部分を見ていた。

〓〓〓【『探偵という名の物語。』 BackNumber】〓〓〓〓〓〓〓〓

第一回   第ニ回   第三回   第四回   第五回
第六回   第七回   第八回   第九回   第十回
第十一回   第十二回   第十三回   第十四回
第十五回   第十六回   第十七回   第十八回
第十九回   第二十回   第二十一回

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学



今日はこんな感じ。
でも、頭はふやけ気味な感じ。


「実際に秘密ゲームは行いました、
彼女が秘密を作って、僕が当てる。そういう形でしたが。」

香坂は、ゆっくりと、吐き出すように喋り続けていた。
そこに嘘は無いのだと、俺に理解をさせるように、ゆっくりと。

「しかし、彼女は秘密を作る努力自体が難しい状況でした。
そこで彼女は、病室のベッドの上で言いました。
死ぬ最後の一言を決める。それを当てて欲しい、と。
その時の笑顔は忘れられません。」

“死ぬ"という言葉が異常に際立ったのは、
それがどうしようもない現実で、
既に起きてしまった事だからなのだろう。
今までが嘘だったせいか、その音は余計に際立っていた。

俺は喉が渇いていることに気がつき、コーヒーではなく、
水を飲み干した。
それでも、喉は渇く一方だった。
まるで砂漠のようだ。

「しかし、私は彼女の最後の一言を当てる事は出来ませんでした。
これが、真実です。」

いや、ちょっと待て。

「ちょっと待ってください。まだです、なぜ僕にその話をしたのかを聞いていません。」

「…。」

「そこで黙るのはずるくないですか。」
「ずるい?」
「私はあなたの戯言に延々と付き合ってきました。
最後まで責任を取ってくれないと、僕は到底納得できません。」

香坂は少し困った顔を作り、その顔のままボソボソと言い始めた。

「・・・かったのかもしれません。」

「何ですって?」
「あなたでなくても良かったのかもしれません。」

もちろんその可能性もあった。分かってはいた。
だが、そうハッキリしてくるとなると、
自分の中でのこの二人の時間という物に関して、
ただ時間を浪費していたという事になってしまう。
それは避けたかった。
だから、どこかで理由を欲していたのだ。

「僕でなくても良かった?」
「はい。」

だが、香坂は、にべもなく肯定の意を示した。

〓〓〓【『探偵という名の物語。』 BackNumber】〓〓〓〓〓〓〓〓

第一回   第ニ回   第三回   第四回   第五回
第六回   第七回   第八回   第九回   第十回
第十一回   第十二回   第十三回   第十四回
第十五回   第十六回   第十七回   第十八回
第十九回   第二十回

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学



ガチャガチャすばらしすぎる


「私は、年を取りました。」

「私は、年を取ったんです。
若い頃は、家の縁側で日向ぼっこをしながら、
息絶えるのが、夢でした。
死ぬ時には、太陽を浴びて、笑顔で、ってね…。
可愛い老夫婦という物が憧れだったんですよ。
仕事も終えて、妻と二人で街を歩いたり、
家を出た子供の夫婦が孫をつれてやってきて、
孫の一瞬のエネルギーに自分が年取った事を気付かされたり、
やってきた長男の嫁と仲良くやったり、喧嘩したり、
とにかく、普通の、普通の素敵な晩年を過ごしたかったんです。
私達夫婦は。」

「ですが、申し上げたとおり、我が家には子供が出来ませんでした。
これは本当です。」

「しかしですよ。
“思っていた通りに事が運ばない"、
それが一体なんだというのでしょうか。
そんなものは人生殆どそうですよ。
例え、どんな金持ちであっても、どんな貧乏であっても、
そういう平等は持ち合わせている、はずです。
少なくとも、私はそう考えている。」

「もちろんお互いの親は、
催促をしてくる時期もありました。
孫の顔を見たいとね。
しかし、こればっかりは、
星のめぐり合わせです。
コウノトリ次第です。
コウノトリです。
出来なければ出来ないで、笑って、落胆などしません。
出来たら出来たで、喜ぶ。そういうものでしょう?」

「だから、思い通りに事が運ばなければ、
その運のなさ加減を楽しむ形で
晩年を過ごそうと思っていたのです。
子供が出来なかった分、貯蓄はある程度ありましたから。
それこそ海外への旅行など、実際に考えていました。
そんなある日です。」

「…妻が、倒れたんです。」

「癌でした。余命半年だったのは、
私ではない。淑恵だったんです。」

「妻はね、若い時はそれは健康で、病気知らずの美人でした。
出会いも話した通りで、私の一目惚れです。
そんな妻が半年後にはいなくなってしまう。
それは恐怖以外の何物でもありませんでした。」

「そして、秘密ゲームです。」

〓〓〓【『探偵という名の物語。』 BackNumber】〓〓〓〓〓〓〓〓

第一回   第ニ回   第三回   第四回   第五回
第六回   第七回   第八回   第九回   第十回
第十一回   第十二回   第十三回   第十四回
第十五回   第十六回   第十七回   第十八回   第十九回

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学


香坂の視線を感じながら飲むブレンドは、
この対話中で初めて自分が優位に立ったことを感じさせた。
それは、香坂にとっても同様だったのだろう。

しばらくお互いに見合った後、
香坂は息を大きく吐き出した。
まるで何かの色がついているかのように、
その息が濃密な意図を持ってることが、
机をはさんだ俺の目にも分かった。

「…すいません。」
「一体何にですか?」

香坂の声は聞こえないほどに小さかったが、
謝った事だけは分かった。だが、何に対してなのだ。
だが、香坂はそこから口を開く事は無かった。

「…香坂さん。」

返答はない。

「では、香坂さん、こうしましょう。僕の質問に答えてください。」
「…はい。」

「あなたは私を探偵だと思ってますか?」
「…いいえ。」
「ですよね。あなたは余命半年ですか?」
「…いいえ。」
「車は買ったんですか?」
「はい。」

やれやれ。
これでは、まるで嘘発見器にかけられている容疑者ではないか。
最後の質問はどうでもよかった。
勢いで聞いてしまった。

「全部作り話ですか?」
「いいえ。いいえ、そんな事はありません。」

初めて、Yes/No以外の返答が足された。

「では、どこまでが、本当ですか。
そもそも、僕が聞きたいのは、
あなたは一体なぜ、僕のような見ず知らずの人間を
探偵に仕立て上げたのか。
なぜ秘密ゲームなどという話を聞かせたのか。
なぜ、なぜ、なぜ。
あなたの会話の根底は、僕からすれば、
ものすごくあやふやで、まるで豆腐の上の議論だ。」

少し興奮してしまったのだろうか。
自分でもなぜそんな
「豆腐」などという例えを出したのか分からない。
それでも、その言葉の持つ、
よく分からないのに、分かるような気がする力は
香坂に話を始めさせるきっかけになったようだ。

〓〓〓【『探偵という名の物語。』 BackNumber】〓〓〓〓〓〓〓〓

第一回   第ニ回   第三回   第四回   第五回
第六回   第七回   第八回   第九回   第十回
第十一回   第十二回   第十三回   第十四回
第十五回   第十六回   第十七回   第十八回

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学


おはこんばんちわ、服部です。
先日、無事舞台が終わりました。

男たちと久「その鉄塔に男たちはいるという」
2010年5月28日(金)〜30日(日)
@pit北/区域(東京・王子)

ご来場いただけた方、本当にありがとうございました。
無事なんとか2,4,5月と舞台月間終了です。
少しの充電の後、ハイバネです。

頑張るぜ。


さて、2010年ももうすぐ半分でやんす。
笑う一年に、と言ってましたが、
大殺界3年目をグイグイやっております。
が、だからどうだってんだ。

6月と、新しい月に切り替わるのをきっかけにしてみようと思います。
まぁ、たかが数字なんですけど。
カレンダーなんてねぇ。

とはいえ、気持ち次第じゃん。
もうさ、ヤケクソになってみますよ。
もうさ、ヤケクソになってみようと思えただけでもめっけもん。

まー、頑張ります。
世界を見返すのみだ。

ざまーみろって言いたいの、俺は。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 ツキイチアワード!, All rights reserved.